ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > 事例・統計情報 > 最近の雇用失業情勢 > 一般職業紹介状況(平成28年3月分および平成27年度分)
事例・統計情報

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

労働条件を確かめてみませんか? 

労働条件相談ほっとライン

  働くルール 労働基準法を知ろう!

 滋賀労働局働き方改革

 働き方・休み方改善ポータルサイト

  働き方・休み方コンサルタント

 ゼロ災ロゴマークを貼ってみよう! 

ストップ!転倒災害プロジェクト 

20170303.jpg

学生・生徒の利用に適した分かりやすい労働法のハンドブック

一般職業紹介状況(平成28年3月分及び平成27年度分)

 

~有効求人倍率は改善傾向続く 1.11倍 ~

  

概況:滋賀県内の雇用情勢は、一部に厳しさが見られるものの、改善が進んでいる。

(前月の基調判断を維持)

 

 平成28年3月

○平成28年3月の有効求人倍率は 1.11倍で、前月に比べて0.01ポイント低下。

(9か月ぶりの低下。近畿第4位。)

 

○平成28年3月の新規求人倍率は 1.58倍で、前月に比べて 0.09ポイント低下。

(2か月連続の低下。近畿第6位。)

 

平成27年度 

○平成27年度平均の有効求人倍率は 1.08倍で、前年度に比べて0.10ポイント上昇。

(6年連続の上昇。近畿第3位。)

 

○平成27年度平均の新規求人倍率は 1.60倍で、前年度に比べて 0.13ポイント上昇。

(6年連続の上昇。近畿第4位。)

 

 

1.平成28年3月の状況

 

・平成28年3月の有効求人倍率(季節調整値)は1.11倍となり、前月を0.01ポイント下回りました。

・新規求人倍率(季節調整値)は1.58倍となり、前月を0.09ポイント下回りました。

 

・3月の有効求人数(季節調整値)は前月に比べ2.8%減で、有効求職者数(同)は前月に比べ2.5%減となりました。

・新規求人数(季節調整値)は前月に比べ14.4%減となり、新規求職者数(同)は前月に比べ9.5%減となりました。

 

・正社員有効求人倍率は0.61倍となり、前年同月を0.08ポイント上回りました。

 

・3月の新規求人数(原数値)は前年同月と比較すると1.3%増となりました。

 

・これを主要産業11業種でみると、増加したのは4か月連続の増加となった建設業をはじめとする5業種で、減少したのは製造業をはじめとする6業種でした。

 

増加=建設業(28.6%)、宿泊業,飲食サービス業(32.1%)、生活関連サービス業,娯楽業(5.9%)、教育,学習支援業(47.1%)、

医療,福祉(16.9%)

 

減少=製造業(-1.8%)、情報通信業(-19.8%)、運輸業・郵便業(-28.0%)、卸売業,小売業(-17.5%)、学術研究,専門・技術サー   ビス業(-32.7%)、サービス業(-1.7%)

 

【有効求人・求職】

・有効求人数は28,342人で、前年同月比5.3%(1,423人)増と、11か月連続の増加。

  〈季節調整値では24,573人で、前月比2.8%(711人)減と、2か月ぶりの減少。〉

 

・有効求職者数は23,638人で、前年同月比4.0%(991人)減と、37か月連続で減少。

  〈季節調整値では22,054人で、前月比2.5%(574人)減と、2か月ぶりの減少。〉

 

【新規求人・求職】

・新規求人数は9,824人で、前年同月比1.3%(126人)増と、10か月連続の増加。

  〈季節調整値では8,420人で、前月比14.4%(1,419人)減と、4か月ぶりの減少。〉

 

・新規求職者数は6,246人で、前年同月比3.7%(239人)減と、2か月ぶりの減少。

  〈季節調整値では5,336人で、前月比9.5%(560人)減と、2か月ぶりの減少。〉

 

【就業地別有効求人倍率(参考指標)】

・原数値で1.38倍(前年同月比0.14p上昇)。

・季節調整値で1.31倍(前月と同水準)。

 

 

2.平成27年度の状況(数値は全て原数値)

 

・平成27年度平均の有効求人倍率は1.08倍となり、前年度を0.10ポイント上回りました。

・新規求人倍率は1.60倍となり、前年度を0.13ポイント上回りました。

 

・平成27年度平均の有効求人数は前年度に比べ5.3%増となり、有効求職者数(同)は前年度に比べ4.1%減となりました。

・新規求人数は前年度に比べ4.3%増となり、新規求職者数(同)は前年度に比べ3.8%減となりました。

 

・正社員有効求人倍率は0.58倍となり、前年度を0.06ポイント上回りました。

 

・平成27年度平均の新規求人数を主要産業11業種でみると、増加したのは建設業をはじめとする8業種で、減少したのは製造業をはじめとする3業種でした。

 

増加=建設業(4.1%)、運輸業・郵便業(0.6%)、卸売業,小売業(9.8%)、学術研究,専門・技術サービス業(9.0%)、宿泊業,飲食サービス業(4.1%)、生活関連サービス業,娯楽業(17.2%)、教育,学習支援業(22.1%)、医療,福祉(11.8%)

 

減少=製造業(-2.1%)、情報通信業(-4.2%)、サービス業(-1.9%)

  

平成27年度 月平均

 【有効求人・求職】

 ・有効求人数は24,401人で、前年度比5.3%(1,225人)増と、6年連続で増加。

 ・有効求職者数は22,659人で、前年度比4.1%(967人)減と、6年連続で減少。

 

 【新規求人・求職】

 ・新規求人は9,118人で前年度比4.3%(377人)増と、6年連続で増加。

 ・新規求職者数は5,700人で前年度比3.8%(227人)減、と4年連続で減少。

 

 

 

 

 

 ⇒詳細は、平成28年3月『職業安定業務月報』をご覧ください

(そのまま両面印刷し、左綴じで冊子になります。)

 

 


この記事に関するお問い合わせ先  職業安定部 職業安定課 TEL:077(526)8609


 

電子政府の総合窓口   ハローワークサービス憲章     ジョブカード    フラッシュプレーヤーのダウンロード

滋賀労働局〒520-0806 滋賀県大津市打出浜14番15号

Copyright(c)2000-2011 Shiga Labor Bureau.All rights reserved.