健康診断を実施しましょう!

 

 事業主の方へ 健康診断を行っていますか?(事業主の義務です)

 労働者の方へ 事業主が行う健康診断を受診していますか?(労働者の義務です)

 

 「労働安全衛生法」では、労働者の健康を守るために、年に1回以上、一般健康診断を行うことが、事業主に罰則つきで義務づけられています。事業主が費用を負担して健康診断を行わなければなりません。

 健康診断は、労働者の健康管理の基本です。健康診断を行うことは、病気につながる所見を把握して病気を予防したり早い段階で病気を発見して治すことにつながります。労働者の生命と健康を守る上でとても大切です。

 次のチェックリストを使って、健康診断を行うだけでなく、記録を保存したり、医療保険者(協会けんぽなど)へ健康診断データを提出したり、医師から健康診断結果の意見を聴くなど、事業主として法令の義務を果たしましょう。また、病気が発見された労働者などが検査や治療を受けるために、年次有給休暇をとりやすい職場づくりをしましょう。

 

 『健康診断の法令遵守チェックリスト/実施の流れ』(PDF版 Word版H28.6

 

【健康診断に関するリーフレット】

 健康診断を実施しましょう【本省HP】

 労働安全衛生法に基づく健康診断実施後の措置について【本省HP】

 

【健康づくりに関するリーフレット(さらに一歩進んで)】

 定期健康診断における有所見率の改善に向けた取組の推進について 【本省HP】

電子政府の総合窓口   ハローワークサービス憲章     ジョブカード    フラッシュプレーヤーのダウンロード

滋賀労働局〒520-0806 滋賀県大津市打出浜14番15号

Copyright(c)2000-2011 Shiga Labor Bureau.All rights reserved.